在宅勤務の過ごし方-9つのおすすめルーティン【やる気と効率を保つ】

在宅勤務の過ごし方 やる気と効率を保つ
メダカ皇帝
こんにちは!メダカ皇帝( @medakakoutei )です!ブログの毎日更新を400日達成しました。読者のみなさまへ有益な情報提供を心がけていますヽ(=´▽`=)ノ

在宅勤務では気分や時間のメリハリをつけることが大事です。

ふと気が付くと仕事に没頭しすぎて疲れ切ってしまったり、お昼や休憩を取り忘れてしまったり。

これは集中できているようでいて、生産性で考えると効率が落ちていますので、あまり良くはありません。

そこで在宅勤務でメリハリとつけるための9つのルーティンをご紹介します。

1.朝起きたらストレッチやラジオ体操

2.在宅勤務こそ朝ごはんはしっかり食べる

3.仕事開始時間に合わせてきちんと着替える

4.毎日、仕事の前に掃除をする

5.休憩する時間をあらかじめ決めておく

6.ランチタイムには短い仮眠を

7.座り疲れしたら立って仕事をしてみる

8.休憩時には運動不足解消グッズを

9.仕事が終わったら会社や上司に業務報告を

1.朝起きたらストレッチやラジオ体操

体操

朝起きたら、凝り固まった身体をまずほぐしましょう。

在宅勤務で座り仕事、身体には結構堪えます。

ストレッチやラジオ体操がオススメですね。

ストレッチ用にヨガマットがあると朝から気持ちよく運動できますよ。

2.在宅勤務こそ朝ごはんはしっかり食べる

朝食
朝食

朝ごはんはしっかり食べて、身体と脳に栄養補給しておきましょう。

ご飯を食べたら食器も片付けましょう。

朝ごはんを用意⇒食べる⇒片付けるという行為が朝のルーティンに組み込まれると規則正しさを失わずに済みます。

朝からダラダラしてしまったり、寝坊するようなことが無いようにしましょう。

3.仕事開始時間に合わせてきちんと着替える

在宅勤務

たとえば、普段の会社の始業時間が8:30なら、その時間に合わせて身だしなみを整えて、しっかりと着替えましょう。

寝ぐせのままだったり、パジャマのまま在宅勤務を始めると気分の切り替えができず、メリハリが無くなってしまいます。

ルーティン化して、行動や気分にメリハリをつけましょう。

4.毎日、仕事の前に掃除をする

在宅勤務

在宅勤務では意外と部屋が汚れるものです。ゴミが増え、散らかり、ほこりが溜まりやすくなります。

デスクやフロアを毎日軽く掃除しましょう。

窓を開けて空気を入れ替え、部屋も気分もリフレッシュします。

こうしたルーティンを組み込むことで、生活にリズムやメリハリがつきます。

5.休憩する時間をあらかじめ決めておく

在宅勤務

自分で休憩時間を決めておきましょう。アラームを使って時間になったら休憩するクセをつけます。

集中力は長く保てるものではありません。長時間になると集中できているようで効率が落ちているものです。

50分につき10分休憩とか、2時間やったら15分休憩とか、ルールを決めて集中力を保てるようにしましょう。

6.ランチタイムには短い仮眠を

在宅勤務

在宅勤務では集中力を保つことが大切です。集中力を保つためには、寝不足が大敵。

お昼を食べ終わったら、10分~15分くらいの仮眠を取りましょう。

長く仮眠してしまうとかえって眠くなるそうです。

短い仮眠を取って脳が休まると、非常にすっきりして午後が過ごしやすくなります。

集中力が高まり、仕事の効率が高まります。

7.座り疲れしたら立って仕事をしてみる

在宅勤務

何時間も椅子に座っているという行為は、身体にとても負担がかかっています。

前傾姿勢になれば、重たい頭をずっと身体が支えなければいけません。

ボーリングの球を斜めに持ち続けるより、真上に支えた方が楽です。

前傾姿勢とはボーリングの球を斜めに持ち続けているのと同じくらいつらい姿勢なのです。

時折、立って仕事をしてみましょう。

立って仕事をしてみるとわかりますが、背中や首ではなく、足がや腰が疲れてきます。

座っていた時と疲れる部分が変わると思います。

つまり、身体にかかる負荷を分散できているわけです。

座りっぱなしで仕事をずっとするのではなく、時折立って仕事をすると疲れを一点集中させずに済むため、疲れにくくなります。

運動不足になりがちな足腰も鍛えられて、一石二鳥なのです。

8.休憩時には運動不足解消グッズを

ブログ

在宅勤務では休憩を入れて気分をリフレッシュしましょう。

集中力を保ち、仕事の効率を上げるためです。

その休憩時間には軽い運動もしてみましょう。

血流を良くして、運動不足を解消し、頭も身体もすっきりします。

わたしはサイクルマシーンを使っています。

休憩時間には好きなYouTubeを眺めながら、サイクルマシーンをやるととてもリフレッシュできます。

ちょっと家が狭くなるのが難点ですが、運動不足で健康を害するよりはずいぶん良いことだと思います。

休日でも雨の日でも運動ができて便利なんですよ。

9.仕事が終わったら会社や上司に業務報告を

在宅勤務

仕事が終わったら、1日の業務を会社や上司に報告しましょう。

会社も上司も社員がちゃんと働いているのか、内心は不安に思うものです。

報告を求められたから報告するのではなく、自ら率先して報告をしましょう。

自分で報告をすることで、会社や上司の状況や評価もなんとなく掴めてきます。

手を抜こうと思えばいくらでも手抜きが出来てしまう在宅勤務です。

率先して報告することよって、仕事にもメリハリが出てきますし、孤独になりがちな在宅勤務に緊張感とやりがいをもたらしてくれるでしょう。

そして、業務報告をすればその日の仕事は終わり!ちゃんと終了することもメリハリつけるためには重要ですね。

まとめ 在宅勤務で取り入れたい9つのルーティン【集中力、メリハリを保つ】

在宅勤務

というわけで、在宅勤務で取り入れたい9つのルーティンについて解説しました。

在宅勤務では時間や業務の区切りが付けにくくなり、集中力やメリハリを保ちにくくなります。

だらだらしたり、気分が散漫にならないためには、ルーティンを決めておいて、それをこなすようにすると良いです。

最後に9つのルーティンをまとめますと

1.朝起きたらストレッチやラジオ体操

2.在宅勤務こそ朝ごはんはしっかり食べる

3.仕事開始時間に合わせてきちんと着替える

4.毎日、仕事の前に掃除をする

5.休憩する時間をあらかじめ決めておく

6.ランチタイムには短い仮眠を

7.座り疲れしたら立って仕事をしてみる

8.休憩時には運動不足解消グッズを

9.仕事が終わったら会社や上司に業務報告を

ということが大切です。

在宅勤務で自分の評価や業務量が下がってしまうということがないように、集中力とメリハリを保てるような自分なりのルーティンも考えてみましょう。

在宅勤務だからこそ生む出せる付加価値やアイディアもあるかもしれません。

集中力とメリハリを保って、仕事に頑張りましょう!



最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました(/・ω・)/




よろしければ以下のコメント欄に感想などお寄せくださいm(__)m
今後のブログ運営の参考にさせていただきます!






-転職、学び、スキルアップ

Copyright© メダカ皇帝のブログ【毎日更新中】 , 2020 All Rights Reserved.