【転職で収入を増やす】タイミングは2つ!採用時でのアップと、採用後の収入アップ。どっちかと言えば採用後のアップが大事

9月 4, 2019

転職で収入を増やしたいなら、採用時よりも採用後のアップを意識しよう

転職で年収をアップするタイミングについて
転職で年収をアップするタイミングについて

転職というと自分をPRして、面接で給与や待遇の交渉をして年収をアップさせるようなイメージが強くないですか?

本質的には転職後に年収が上がるもの

もちろん、給与がアップする転職ばかりではありませんが、転職で収入を上げようとすると転職して採用された時に年収があがるようなイメージが強いと思います。

採用時に年収や待遇の交渉をして収入をアップさせることも大切なのですが、そこにあまりこだわりを持ってしまうとうまくいく転職もうまくいかなくなる可能性があります。

採用時にアップすることにこだわりすぎず、もうひとつの方法である採用後にアップすることをちゃんと考えておきたいところです。

採用時に年収があまり高くなくても、会社の将来性や業績の見通し、評価を上げることによる昇進や賞与でどの程度の年収アップが狙えるのか、そこが大切です。

採用時に多少の年収アップが見込めるがその後はあまり昇給も賞与も期待できないA社と、採用時には年収がすこしダウンするがその後は業績に応じて昇給や賞与が上がっていくB社なら、B社を狙うべきだと思います。

採用担当者からすると、その人の年収を上げてまで採用するということは期待値が非常に高いということ。リスクを取ったことになります。期待値以上であれば良いのですが、そうでもなかった場合はその後の評価が厳しくなりがちです。

年収を上げる転職というのは成功すればうれしいですが、それと引き換えにその後の厳しい評価を覚悟する必要があります。

転職後に頑張って年収を上げるのが本来の筋

年収が上がらなくても良いから、働きやすさや将来性、やりがい、業績に連動する評価などを重視して、転職後に実力で頑張ってしっかりと収入を上げ続ける方が理にかなっています。

むしろ、その方が採用担当者もうれしいのです。あの人は入社後に期待以上に働いてくれた。採用時の年収は低めだったが、とても良い人を採用できたと思うでしょう。

その後の評価は頑張るほどにますます良くなることでしょう。

本質的に考えても、まだその会社で働いたこともないのに採用時にやたらと年収や待遇の交渉をごりごりとやってくる人と、採用時には現在の職場と同等程度を望みながら入社後に頑張って活躍してくる人、どちらが年収や待遇をあげるべきなのかは明白だと思います。

転職では採用された後にちゃんと収入がアップできるか?そこに重点をおいて企業選びをしていきましょう。

くれぐれも採用時にも採用後にも年収や待遇がアップできない会社を選ばないようにしないといけないですね。

まずは転職サイトでいろんな求人を探してみよう!

登録がカンタンですぐ使えるミイダス

国内最大級の既卒向け就職サイト

会社のクチコミが見れる転職会議

転職をしっかりとサポートしてくれる転職エージェント

20代の転職なら

親身な対応をお望みなら

しっかりと正社員を目指したいなら

【転職で収入を増やす】タイミングは2つ!採用時でのアップと、採用後の収入アップ。どっちかと言えば採用後のアップが大事というお話でした!



最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました(/・ω・)/




よろしければ以下のコメント欄に感想などお寄せくださいm(__)m
今後のブログ運営の参考にさせていただきます!






-転職、学び、スキルアップ

Copyright© メダカ皇帝のブログ【毎日更新中】 , 2020 All Rights Reserved.