スポンサー広告


人間関係でストレスを感じる原因と対処法『アドラー心理学の教え』

人間関係の悩み
ストレスの原因を知って適切な対処をしていこう!
メダカ皇帝
こんにちは!メダカ皇帝@medakakoutei )です!ブログの毎日更新を450日達成!当ブログはリンクフリーです!

人間関係ってストレスを生みますよね。本当に疲れやすく、疲弊しまくるのが人間関係です。

わたしも一時期はこの人間関係の悩みに苦しみ、非常に体調を崩しました。夜もモヤモヤ眠れなかったり、朝もグルグルと悩みが巡り巡ってしまう状態でした。

人間関係のストレスには原因があります。その原因を知って、適切な対処をすれば、不思議とストレスは消えていきます。

ポイント

大切なことは、自分の主観を変えることです。

主観の良いところは、100%自分でコントロールできる点です。

その主観が悲観的だから悩んでいるんだよ。。。
ブロガーちゃん
メダカ皇帝
大丈夫、主観は自分で変えられるんですよ!

大嫌いな上司や同僚がいる

大嫌いな上司や同僚がいる。もうこれはどうしようもない状況です。

過去も現在も未来も、悲観するしかない状況です。悩んでも解決しないし、行動しても効果はないし、いっそあの人さえいなければ。。。なんてことまで考えてしまいがちです。

解決策

転職しましょう!

たしかにその人は人として尊敬できる点は無く、職場から居なくなったら、どんなにか平和で居心地の良い空間が生み出せることでしょう。そんなことを考えたら、ますます悩みは深くなり、自分の思考は迷宮をさまよってしまいます。

昔から『憎まれっ子世に憚る』と言います。

どんなにあの人の不幸を願っても、どんなにあの人の存在が消えてなくなることを願っても、まるで対岸の火事のごとく、まったくあの人には影響がありません。あの人は今日も元気に出勤してくるのです!

あの人を変えることは100%無理です。あの人にはあの人の人生があり、わたしがあの人の人生に対して影響を与えることなど不可能です。

あの人をなんとかしたいという主観を変えてみましょう。あの人を変えるのではなく、自分の主観を変えるのです。

仕事をしたくない、楽をしてお金を得たい、生きることに何の喜びも感じないというわけではないのなら、職場を変えることで人生が大きく変わる可能性があります。

あの人のために転職するなど逃げや敗北のようで受け入れがたいかもしれませんが、それは全然大丈夫なのです。むしろ狭い土俵の上で、解決しない人間関係に悩み続けながらひとり相撲を取っているようなものなのですから、土俵を変えれば良いだけです。

ココがポイント

土俵を変えても仕事の大変さや、人生のつらさはまったく変わらないでしょう。でも、新しい土俵にはあの人はいません。そこで戦えば良いだけです。

土俵を変えた先でも嫌な人はいることでしょう。でも、少なくともあの人はいません。それだけで転職する価値は十分にあります。

このまま我慢しようという意地も自分の主観です。それで問題が解決できるなら我慢も大切ですが、たぶんこの問題は我慢では解決しないでしょう。

思い切って転職を考えてみよう!

ポイント

マイナビエージェントが選ばれる4つの優位性
◎業界・職種別の専任コンサルタントがあなたをサポート
◎他社にはないマイナビエージェント独占求人も多数
◎重点的な面接対策により、他社とは「面接突破力」が違う
◎年収UP交渉もお任せ。業界35年の歴史だから実績が違う

友人との人間関係に悩んでいる

友人や恋人、非常に近しい人との人間関係に悩んでいる場合も多いことでしょう。

人間関係の関りが深いだけに、悩みはより一層深くなってしまいます。

ここも主観を変えるしかありません。

ココがポイント

あなたがその友人の人生にどこまで責任を持てるでしょうか。たとえば、その友人が破産しても一生面倒を見るでしょうか?その友人が長年寝たきりになったとして、一生面倒を見れるでしょうか?

友人が大切だという気持ちは大切です。でも、友人は友人であり、家族ではないのです。

友人関係というのは近しい人間関係なので、家族のような絆に感じてしまう錯覚を覚えているのです。

でも、友人は友人です。この切り分けができないと、悩みは無限にループしてしまいます。

逆の立場で考えてみましょう。自分が破産したらその友人が助けてくれますか?自分が寝たきりになっても、その友人が最後までつきっきりで面倒を見てくれますか?

お互い様です。お互い様でそこまで面倒見切れないのです。それが友人関係です。

ポイント

だから、その友人と付き合うことで、自分が良い影響を受けて成長できているとか、心地よい信頼関係で楽しい時間を過ごせるとか、お互いに刺激しあって未来が切り拓けるとか、そんなメリットが双方にないのなら、その友人関係は断ち切ってしまって構わないのです。

お互いに寝たきりになっても面倒を見切れる義理はないのです。にもかかわらず、つらい人間関係で自分の時間を削られているような対象がその友人であれば、バッサリと関係を断ち切るしかありません。

特にお金を貸してもらいたいという友人は注意です。金銭関係になった途端、もはや友人ではなくなります。

友人との人間関係の悩みの原因は、『その人と友人である』からです。根元を断ち切る以外は、対処療法に過ぎず悩みが無くなることはないのです。

家族との人間関係に悩んでいる

ブログ

家族との人間関係に悩んでいる人も多いことでしょう。

親が認めてくれない、子どもが言うことを聞かない、兄弟がトラブルを起こすなど。

家族という絆は、職場や友人との関係のように断ち切ることができないため、家族関係のトラブルは本当に苦しいものがあると思います。

ココがポイント

家族の絆は断ち切れませんので、これはもはや距離を置くしかありません。お互いにお互いの存在を身近に感じない、精神的および物理的距離を取りましょう。

たとえ家族と言えど、自分の課題は自分で決めるべきものであり、他の家族が決めたことはその人の課題です。

自分だけで解決できない問題なのであれば、どちらかしかありません。諦めるか押し切るかです。

結婚相手を認めてくれない、将来の夢を応援してくれない。

親の期待に応えてくれない、金銭トラブルもあるでしょう。

永遠に平行線をたどったとしてもそれで構いません。要するに自分がどうしたいのかを決めて、それに従うしかありません。

家族といえど相手は自立した個人であり他者なのです。

他者を思い通りにすることはできませんし、他者が自分を思い通りにすることがあってはいけません。

家族なので精一杯の努力は必要ですが、それでもなお平行線であれば悩む必要はないのです。

いっそ諦めるのか、家族に一切の迷惑をかけないようにして自分の意思を押し切るかです。

注意ポイント

自分の意思を押し切る場合、家族の世話や迷惑になっては絶対にいけません。金銭や物質的な依存もしてはいけません。

そのうえで、自分の意思を押し切ると決めた場合は、家族ですら介入させてはいけません。そんなことを許せば、また悩みが襲ってきます。

たとえば、自分のやりたいことを実現するために転職をしたいと思うなら、家族にどんなに反対されようと転職をすればよいのです。

ですが、自分が一家の主であれば、家族の生活は絶対に支えて迷惑は一切かけないという覚悟は必要です。親から反対されているのであれば、自分の意思を押し切る代わりに、絶対に金銭的、物質的な依存を親にしてはいけません。家から出ていけば良いのです。

家族が原因の悩みは、その根本を断ち切ることは難しいでしょう。変えられるのは自分の主観のみです。

自分の主観を変えて、自分の立ち位置や考え方を変えるしか、家族との人間関係の悩みを無くすことはできません。

大切なのは信頼関係と自らGIVEをすること

ブログ

ここまでは人間関係をどう割り切るかがポイントになっていたと思います。ただ、面倒な関係をすべて断ち切ってしまうことが人間関係の問題を解決する方法ではありません。

人は孤独では生きられないし、孤独にはなれません。社会に属している以上、誰とも一切無関係であることはできません。

ポイント

面倒な人間関係から逃げていれば良いというわけではないんです。

ですから、自らが人間関係を良くする努力は必要で、そのためには相手を信頼し、その相手のためにできる貢献をしないといけません。

相手からTAKEするのではなく、GIVEしつづける精神が大切です。

GIVEはお金や労力ではありません。また自己満足の押し付けでもいけません。相手にとって為になるであろうことを想像し、それを真心こめて行うことです。

ココがポイント

見返りは求めずにGIVEできますか?裏切りにおびえずに信頼できますか?

世界を変えるには自分が変わるしかありません。相手が変わることを待つのではなく、自分が積極的に変わる決意をしていきましょう。

おのずと人間関係が楽になっていくことを実感できるでしょう。

まとめ 人間関係でストレスを感じる原因と対処法『アドラー心理学の教え』

今回はアドラー心理学における『課題の分離』をベースに人間関係の悩みについて、その原因と対処法を考えました。

人間関係は本当にやっかいで深い問題です。

でも、アドラー心理学を勉強すれば、ふっと軽い気持ちになれるかもしれません。

ポイント

アドラー心理学における『課題の分離』は、自分の課題と他者の課題を分離して、他者の課題に介入せず、自分の課題に他者を介入させないことで、人間関係の悩みを断ち切る画期的な手段です。

この『課題の分離』ができない限り、人間関係の悩みを減らすことはできません。

人間関係の悩みを抱えている人は、ぜひ一度アドラー心理学を勉強してみてください。

アドラー心理学を勉強するには、アドラー心理学をわかりやすくまとめた『嫌われる勇気』という本がオススメです!

『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』

以上、人間関係でストレスを感じる原因と対処法『アドラー心理学の教え』でした!



最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました!

リンクフリーなので、記事はお気軽にシェアして下さい(/・ω・)/


よろしければ以下のコメント欄に感想などお寄せくださいm(__)m
今後のブログ運営の参考にさせていただきます!




メダカ皇帝
LINE友だち限定
毎月抽選で10名様にAmazonギフトカード1000円プレゼント♪副業やブログを頑張っている人を応援しています! →メダカ皇帝と友だちになる


-転職、学び、スキルアップ

Copyright© メダカ皇帝【ブログ、プログラミング、転職、副業、起業】 , 2020 All Rights Reserved.