スポンサー広告


嫌われる勇気【名言集】第二夜後半『すべての悩みは対人関係』-自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気の名言を集めました!
メダカ皇帝
こんにちは!メダカ皇帝@medakakoutei )です!ブログの毎日更新を450日達成!当ブログはリンクフリーです!

わたしは人生で悩んでしまうことが多かったです。考えても仕方のないところに原因を求め、現在や未来が縛られているように感じていたのかもしれません。

現状を変えよう、未来を切り開こうとするほど、過去を振り返ってばかりいました。ところが、アドラー心理学をわかりやすく解説した「嫌われる勇気」を読んでから、そんな悩みが激減しました。

自分の人生を決めるのは、過去の出来事や他者の影響、与えらた環境ではありません。自分の人生は、自らの手で、自らの努力で切り開くことができるのです。

本記事はこんな方におすすめ

  • 悩むことが多く、複雑な思考をお持ちの方
  • 人間関係に疲れ、孤独になりたいと考えてしまう方
  • 自分の存在や価値を見出せず、自分を卑下してしまう方

毎日のように『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』を読んでいます。この本はアドラー心理学をわかりやすく教えてくれます。とってもわかりやすいし、オススメできる本です。実際に売り上げランキングの上位に常に入っているようなベストセラーです。

この本を読むことで、自分の見えている世界が変わります。多くの人の悩みの根本原因は対人関係を意識したがゆえです。

『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』の著者は、日本のアドラー研究の第一人者である哲学者の岸見一郎さん、ライターの古賀史健さん。出版社はダイヤモンド社。出版日は2013/12/13です。

嫌われる勇気 第ニ夜の後半部分の名言

今日は『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』の第二夜『すべての悩みは対人関係』の中から、第二夜の後半部分の名言をピックアップしていきます。

自分のこれまでの人生を最終的に決めたのは、他者ですか?自分ですか?

では、自分のこれからの人生を決めるのは、他者ですか?自分ですか?

アドラー関連だよ

承認欲求を捨てよう!ブログ継続に必要なマインド【アドラー心理学:「嫌われる勇気」より】

続きを見る

ブログ
ブログ継続のコツ【承認欲求を捨てる】アドラー心理学より

続きを見る

【アマゾン】オーディブルの感想まとめ【無料体験できる】

続きを見る

【承認欲求を捨て、課題を分離する】かけがえのない自分を大切にすること

続きを見る

お前の顔を気にしているのはお前だけ

哲人:わたしの若い友人が少年時代、長いこと鏡に向かって髪を整えていたそうです。すると彼は、祖母からこういわれました。『お前の顔を気にしているのはお前だけだよ』と。それ以来、彼は生きていくのが少しだけ楽になったといいます。

『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』第二夜『すべての悩みは対人関係』より

なんでこんなにも自分のことが気になるのでしょう。でも、それ以上に不思議なのは、わたしはわたしのことが気になるのに、どうして他人はわたしのことが気にならないのでしょう。

それはわたしが自分のことほど他人に関心が無いのと同じ。

つまり、他人の目を恐れ、他人の評価を気にし、他人に気に入られようとしているわたしは、他人が気になっているのではなく、単にわたしがわたしを気にしているだけなのです。

他人はわたしのことなど、関心があるようで全くない。それはわたしがわたし以上に他人を気にすることは無いのと同じなのです。

権力争いから復讐へ

哲人:権力争いを挑まれたときには、ぜったいに乗ってはならないのです。

『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』第二夜『すべての悩みは対人関係』より

対人関係の悩みには、他者との競争や権力争いが原因であることも多いでしょう。

他人がわたしを屈服させたいと何らかの権力争いを挑んできたら、応戦してはいけません。相手はわたしに勝つことが目的だからです。

権力争いを挑んできた相手を、仮にひねり返したところで、事態はそれでは終わりません。

相手は次の段階に突入します。復讐の段階です。

対人関係が復讐の段階にまで及んでしまうと、当事者同士による解決はほとんど不可能になります。

だから、権力争いに乗ってはいけないのです。仮に相手が権力を望むなら、譲ってあげれば良いのです。広いこの世界と比較したら、そんな権力など限りなく小さな勝ちに過ぎないのです。

非を認めることは「負け」じゃない

哲人:誤りを認めること、謝罪の言葉を述べること、権力争いから降りること、これらはいずれも「負け」ではありません。

『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』第二夜『すべての悩みは対人関係』より

対人関係の悩みから解放されるためには、他者との勝ち負けにこだわったり、権力争いを制することから身を引かなければなりません。

これは戦いから逃げたり、負けを認めることのようですが、実際にはそうではありません。

自分が正しいと思えることを実行する、自分が理想とする自分を目指して生きる。ここの点において他者は関係ありません。勝ち負けとか、優劣などなく、自分が良いと思ったことをやるだけです。

何か問題があったとき、非を認め謝罪することができれば、おのずと権力争いから逃れることができます。大切なのは他者との競争の中で勝ち負けを争うことではなく、自分を正し、自分を変えていくことなのです。

直面する「人生のタスク」をどう乗り越えるか

哲人:対人関係を「仕事のタスク」、「交友のタスク」、「愛のタスク」の3つに分け、まとめて「人生のタスク」と呼びました。

『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』第二夜『すべての悩みは対人関係』より

「仕事のタスク」とは利害関係で結ばれて、就業時間が終わったり転職すれば断ち切れる関係です。「交友のタスク」は利害関係はない一方、愛情のような距離や関係の深さはありません。「愛のタスク」は対人関係の距離が近く、関係も深いもので簡単に断ち切ることができないものです。

対人関係は基本的にこの3つのタスクと直面することになります。

人が生きていく限り、この3つのタスクから逃れることはできません。アドラー心理学はこの「人生のタスク」を乗り越えるための心理学です。

赤い糸と頑強な鎖

哲人:長年連れ添った夫婦であっても、関係を続けることが困難であれば別れることもできるわけです。ところが、親子関係では原則としてそれができない。恋愛が赤い糸で結ばれた関係だとするならば、親子は頑強な鎖でつながれた関係です。

『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』第二夜『すべての悩みは対人関係』より

人生の3つのタスクは、他者との距離が近く、関係が深くなるほど、愛や幸せを実感できるものです。

それだけに乗り越えるべきタスクも大きく、直面することも避けられません。ましてや問題が発生した場合は、しっかりと対処する必要があります。

ここで大切なことは、タスクに直面すること、それはつまり相手である他者を変えることではありません。

哲人:アドラー心理学とは、他者を変えるための心理学ではなく、自分が変わるための心理学です。他者が変わるのを待つのではなく、そして状況が変わるのを待つのではなく、あなたが最初の一歩を踏み出すのです。

『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』第二夜『すべての悩みは対人関係』より

どんな人生のタスクにおいても、直面することを避けてばかりではいられません。また、相手や状況が変わるのことを期待していてはいけません。

まずは自分が一歩を踏み出して、自分が変わることによって周囲が変わらざるえない状況を作り出しましょう。

「人生の嘘」から目を逸らすな

青年:では、わたしは人生のタスクを回避するため、もっといえば対人関係を回避するため、ただそれだけのために他者の欠点をでっち上げているのだと?そして他者を「敵」と思うことで逃げているのだと?

哲人:そうなります。アドラーは、さまざまな口実を設けて人生のタスクを回避しようとする事態を指して、「人生の嘘」と呼びました。

『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』第二夜『すべての悩みは対人関係』より

人生のタスクに向き合わずに逃げることは、自分の人生に嘘をつくことになります。多くの人は対人関係のタスクを回避するために、人生の嘘をつき続けているのです。

自分の人生を自分で決めるには、対人関係を恐れずに人生のタスクに向き合うことが大切です。

哲人:アドラーは、人生のタスクや人生の嘘について、善悪で語ろうとはしていません。いまわれわれが語るべきは、善悪でも道徳でもなく、”勇気”の問題です。

青年:またも”勇気”ですか!

『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』第二夜『すべての悩みは対人関係』より

対人関係を恐れずに、人生のタスクにしっかりと向き合うには勇気が必要です。対人関係に向き合う勇気さえあれば、すべての悩みを消し去ることができて、自分の人生に嘘をつかずに生きていけるのです。

対人関係を恐れないためには、他者の視線や評価を気にせずに、自分が良いと思った道を突き進めば良いだけです。

他者は自分ほど自分のことは気にしていないものだし、自分が行く末を決められるのは自分だけだからです。

所有の心理学から使用の心理学へ

哲人:アドラー心理学は「所有の心理学」ではなく。「使用の心理学」です。

青年:つまり、あの「何が与えられているかではなく、与えられたものをどう使うか」という言葉ですね。

『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』第二夜『すべての悩みは対人関係』より

わたしたちは自分に与えられたものから物事を考えがちです。出自のこと、ルックスのこと、能力や才能のこと。

ですが、与えられたものにどれだけ目を向けても何ら状況は変わりません。

大切なのは与えらたものをどう使いこなすか。他者や環境から与えらたものは変えることができません。

自分にできることは、その与えられたものをどう使いこなすか。最大限の努力を自分がどうできるかです。

他者や環境から与えられたものを前提にしてしまえば、自分の努力は無駄になり、すべては他責になってしまいます。トラウマに翻弄されてしまいます。

一方で、与えられたものをどう使うかは、自分で決めることができます。

哲人:自らの人生を、自らのライフスタイルを、自分の手で選ぶのです。われわれには、その力があります。

『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』第二夜『すべての悩みは対人関係』より

アドラー心理学は、人生のタスクにしっかりと向き合い、そのうえで自らが行動して人生を決定していこうとする勇気が大切であると教えてくれているのです。

まとめ 嫌われる勇気【名言集】第二夜後半『すべての悩みは対人関係』-自己啓発の源流「アドラー」の教え

『すべての悩みは対人関係』-自己啓発の源流「アドラー」の教え

アドラーは、すべての悩みは対人関係であると言い切っています。

逆に言えば、対人関係の悩みさえ克服できれば、人生を幸せに豊かに過ごすことができるということです。

では、その対人関係に悩まされている究極的な原因は何なのでしょうか?

それは対人関係を悩んでいる自分です。対人関係に悩んでいるのは他者ではなく自分。

自分を変えることでしか、悩みを消し去る方法はありません。

悩みを消し去るためには、対人関係を恐れない勇気を持ち、自分が良いと思った行動に向かって一歩踏み出すことなのです。

『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』

繰り返し何度もインプットするなら、嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え Audible版がオススメです!



最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました!

リンクフリーなので、記事はお気軽にシェアして下さい(/・ω・)/


よろしければ以下のコメント欄に感想などお寄せくださいm(__)m
今後のブログ運営の参考にさせていただきます!




メダカ皇帝
LINE友だち限定
毎月抽選で10名様にAmazonギフトカード1000円プレゼント♪副業やブログを頑張っている人を応援しています! →メダカ皇帝と友だちになる


-通販、Amazon、グッズ、VOD

Copyright© メダカ皇帝【ブログ、プログラミング、転職、副業、起業】 , 2020 All Rights Reserved.