スポンサーリンク

このままでは国が滅ぶ【19年出生、過去最少86万4000人 人口自然減 初の50万人超え 減少幅最大】


にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへにほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へブログランキング・にほんブログ村へ

少子化は本当に怖いニュースです。



このままじゃヤバいぞ、日本

このままじゃヤバいぞ、日本

 

 

 

参考文献:

19年出生、過去最少86万4000人 人口自然減 初の50万人超え 減少幅最大(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 

 

1年間に生まれた子どもの数は1899年の統計開始以降、初めて90万人を下回り、過去最少の86万4000人。死亡数から出生数を引いた「自然減」は51万2000人で初めて50万人を超え、減少幅は過去最大になる見通し

 

 

国立社会保障・人口問題研究所の17年の推計では、19年の出生数を92万1000人と見込み、90万人割れは21年(88万6000人)としていた。想定より2年早まり、少子化のペースが加速している。

 


医療や福祉の無駄を削減しないといけない。風邪をひけば病院に行く、寝てれば治るものにも薬が出る、努力もしない人がちょっと困ったことで保証をもらう、なんなら働かなくても生きていける。

 

 

こんなことをやっている予算があるなら、若い人たちが家庭を築き、子どもを安心して3人でも4人でも育てられる環境を作らないといけない。

 

 

このままではマジで国が滅びる。

 

 

https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20191213-00153538/

https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20191213-00153538/

 

 

 今後、20年くらいかけて100万人ペースを維持するにはどうすればよいかを考えないと。それでさえ、いまの40代の人達よりも年に半分しか生まれていない。

 


仮にこのままだと20年間の平均出生数が90万人だったとする。20年間で生まれる子どもは1800万人。

 


これを平均100万人にできれば、20年間で生まれる子どもは2000万人。その差、200万人。

 


200万人は長野県や岐阜県と同じ人口。20年後に長野や岐阜が1個無くなるのか、残るのか。すごい差だと思う。しかもその200万人がまた次の世代を生む。

 

 

これでも少ないくらいだが、このまま少子化が進めば、もっと人口は減ってしまう。少子化を止める手段を考えないといけない。

 

 

社会保障費が大きすぎる

 

 

 

 

参考文献:https://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2019/seifuan31/01.pdf

 


国の予算の35%くらいが社会保障費。つまり35兆円くらいが毎年消えていく。年金、医療、介護など未来への投資にならないお金がどんどん無くなっていく。もちろん、必要な人に対してしっかりした保障は必要だ。

 


でも、病院には軽症の患者が溢れ、医療スタッフは疲弊し、医療費が枯渇し、必ずしも必要のない薬が処方され、その薬のせいで免疫力が低下して、また風邪にかかって病院に行く。悪循環。

 


介護スタッフの手も足りない。でも施設で自分たちでできるお手伝いをする利用者の家族は少ない。施設に任せっきり。なにか問題があればクレームだけは立派に言う。

 


年金でパチンコに行く。年金でタバコを吸う。年金で酒を飲む。

 


そんな人達だらけとは言わないが、自由と勝手を履き違えて、好き勝手に生きていれば、日本という国を蝕むだけ。こんな未来のためでは、死んでいった兵隊さんたちになんとお詫びすればよいのだろうか。

 


早急な社会保障費の絞り込みが必要だけど、選挙で反対されてそんな政策は通せない。他にも予算を減らさないといけない。でも、できない。話が詰んでいる。日本終わってる。

 

 

未来への希望。良くなっていく社会を創造すること。

 

 

 

 


未来に希望があるから頑張れるし、明日がより良くなるから突き進める。そんな社会を創造しないといけない。このままでは国が滅びる。

 


無駄を省かないといけない。余計な出費の矛先を変えて、本当に必要な少子化対策に潤沢に資金が使えるようにしないといけない。

 


医療費の自己負担はもっと増やせばいい。本当に困っている人はもっと安く受けられるようにして、風邪とか熱くらいで病院に来る軽症の患者は10割負担とかでいい。

 


医療費無料だからといって病気の軽重を考えずに受診したり、念のため薬ももらうとかして結局余らせて捨てている薬も減らさないといけない。

 

 

とにかく未来のためには子どもを増やす必要がある。これを最優先事項においた政策を考えてほしいし、それに反対しない国民であってほしい。

 


このままでは日本の未来は本当にみじめなものになる。幼保無償化とか大学無償化と言ったって、そもそもの子どもが生まれる数が減ってきている。少子化が改善されるのだろうか。子どもたちであふれかえるような活気ある未来を作らないといけない。

 


老人やわたしのような中高年の世代は、もう自分たちのためにあまりいろいろしてもらうことを期待しなくて良いのではないだろうか。若い人たちと子どもたちにちゃんとした未来を残すのが、先輩たちの仕事ではないのだろうか。

 

 

無力ながらもこの国の未来を考えて、なにかやっていきたい。