ITで転職3回!メダカ皇帝のクチコミ

転職、転職サイト、転職エージェント、IT業界、IT転職、Amazon・通販、ホテル・観光、グルメ、など

スポンサーリンク


読者登録お願いします!

【ブログで稼ぐ】ブログのネタが無い時のネタ探しの仕方 毎朝更新でやっているネタ探し5つのコツ

今日もブログに書くネタが無い。。。

 

ブログはネタに困る。。。

ブログはネタに困る。。。


 

 

 

おはようございます😃メダカ皇帝です!

 

 

ブログの毎朝更新頑張っています。今日でブログ開始から250日目、投稿した記事は434記事目、連続更新は87日目、総アクセス数は44165PVとなりました。

 

 

 

ブログに書くネタがない。。。

 

 

ブログを毎朝更新しています。だいたい朝の5時半くらいに起きて7時くらいまでの間に書き上げます。基本的にはこの1時間ちょっと間にネタを考えて、記事を書いて、アップも行います。毎朝、必死ですw

 

 

特に大変なのがネタ探し。ネタを思いつけば、そのあとは集中して記事を書けばいいだけですが、ネタを思いつかないと結構焦りますね。平日の朝は時間ありませんし。。。

 

 

ブログで稼ぐためには、とにかく記事を投稿しないことには始まりません。記事の質を高めることも大切ですが、下手でも打席に立ってバットを振らないことにはヒットの可能性すらないわけです。

 

 

ちなみにまだ、ヒットもホームランも打てていませんけど(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

 

ブログ更新するときのネタ探し5つのコツ

 

わたしなりにブログ更新するときのネタ探しには5つのコツがあります。コツには優先度があって、どうにもならないときの逃げ道も用意しています。

 

 

最優先:アフィリエイトの記事を考える(ニュースやメディアの記事を参考にする)

 

転職やスキルアップの記事を考えるのを最優先にしています。これはアフィリエイトの報酬単価が高いため、こうした記事を多く投稿できればと思っています。

 

 

ですが、そう簡単に短時間で記事ネタを思いつかないですね。よっぽど調子が良いときだけです。こうした記事のネタ探しのためには、ニュースやメディアの記事を参考にしています。

 

 

ニュースやメディアの記事を参考にするとネタが思いつくことがあります。でもニュースやメディアの記事をそのまま流用しても、自分の記事でなくなりますし、SEO的にも評価されませんので、あくまでも参考にしてそこから自分の記事を作っていくイメージです。

 

 

これはなかなか難易度が高いため、毎朝更新ではできてない時が多いです。

 

 

優先度高:最近買ったものや以前に買って良かったものを探す

 

Amazonや楽天、近所のスーパーなどで買ったものやすこし前のものでも買って良かったなというものを紹介できるかを考えます。

 

 

Amazonや楽天で売っているものならアフィリエイトリンクにできますので、微々たるものながら収益になるときがあります。

 

 

グッズや食べ物、本などです。自分のレビューであれば、オリジナルコンテンツになりますし、良いと思ったものならオススメしたい気持ちを記事にするだけです。

 

 

でも、そうそういろんなものを買うわけではないので、常に使えるというものでもありません。せっかく記事を書いても、収益になるのは本当に雀の涙ほどですが、たまに成果が出ているとやっぱりうれしいです。

 

 

 

アフィリエイトに挑戦してみませんか?

 

初心者も使いやすい『もしもアフィリエイト』

 

高機能で便利な『バリューコマース 』

 

 

 

子どものことやお出かけした場所、食べたものを紹介する

 

 子どもの成長やお出かけして遊んだ場所、食べたものを紹介します。ただし、これはブログネタとしてはあまりオススメではありません。

 

 

どこの誰だかわからない人のおプライベートな行動をブログに上げたところで、読者にはあまりメリットがないためです。

 

 

こうしたプライベートネタを上げるにしても、例えば美味しかったものなら検索にヒットするようなタイトルにするとか、ランキングにしてみるとか、すこしでも興味を持ってもらえるような記事の書き方にするようにしています。

 

 

たとえばタイトルであればこんな工夫が必要です。

 

NGなタイトル:今日のラーメン

 

OKなタイトル:【〇〇商店】東京(高田馬場)のオススメ豚骨ラーメン!おいしいチャーシューをスマホのクーポンでトッピングしました

 

 

タイトルに検索してもらえるであろうキーワードを盛り込まないと、どこかの誰かがその記事を見つけることができません。見ず知らずの誰かが食べた今日のラーメンは誰も探していません。

 

 

でも、『高田馬場にあるチャーシューおいしい、オススメ豚骨ラーメン』なら、誰かが探しているかもしれません。

 

 

日々のネタをブログで書いても収益にはなりずらいですが、ネタが思いつかない時には、検索してもらえそうなタイトルや内容を記事にするようにしています。

 

 

その日のニュースからネタを探す 

 

どうにもネタが思いつかないときはニュースサイトを見ています。話題になりそうなニュースや自分が感想をもったニュースをネタにしています。

 

 

あまりエッジの効いた自分の主張を入れすぎると読者の反発を招くかもしれませんので、自分の主張を入れる場合はソフトな感想や意見にとどめる様にしています。

 

 

『社会を切る!』とか『苦言を呈する!』みたいな変な正義感は必要ないので、残念なニュースは残念だと、うれしいニュースはうれしいと、そんなシンプルな記事にしています。

 

 

このあたりまで来るとブログを更新することが目的の記事になっていますので、本質的に良いブログ更新とは言えないと思っています。それでも記事を書いてみる、なんとかネタを見つけ出すというトレーニング的な位置づけになっていると思います。

 

 

 

最後の手段: 天気、つぶやき、昨日の出来事など、なんでもいいから記事を書いて更新する

 

どうしても朝にブログのネタが思い浮かばないときは、天気でも、自分のつぶやきでも、昨日のちいさな出来事でもいいから、それをネタにして記事を書きます。

 

 

もうここまでいっちゃう時は、どうに眠くて何も思い浮かばない時とか、だいぶお疲れの時ですね。本当に困ったときの最終手段です。

 

 

こうした内容は通常は検索もされないし、誰も興味や関心も得られないので、ブログネタとしてはあまり好ましいものではありません。自己満足で終わるブログならそれでもいいのですが、少なくとも誰かに読んでいただきたいと思って記事を更新するなら、すこしでも読者のことを考えないといけません。

 

 

わたしとしてはグチ、悪口、批判などネガティブなことは書かないようにしています。ネガティブな記事というは割と書きやすいかと思います。自分の思いのたけをかくだけなので。

 

 

ですが、どこの誰だか知らない人のネガティブな意見って、誰の得にもなりませんし、誰も読みたいと思うものではありません。つまりネガティブな意見というのは、書いてもまったく意味がないので、書かないように心がけています。

 

 

天気のことだったら、『今日は天気が悪くて気持ちが萎えるなぁ』みたいなことを書くのではなく、『今日はお気に入りの傘でお出かけしよう!』みたいなすこしでも前向きな書き方が良いと思っています。

 

 

ブログのネタが無い時のネタ探しの仕方 まとめ 

 

 

今日はブログのネタが思いつかなかったので、ブログのネタの探し方というネタを書いてみました(笑)ブログを更新しようとすると本当に手が止まってしまうし、ネットを見たり、テレビを見たり、違うことをやり始めると全然記事が書けません。

 

 

まずはネタを探して、書きたいことが思い浮かぶまで、他のことはやらないようにしています。そして記事をできるだけ限られた時間の中で書く。

 

 

こうするとだんだんとライティングのスキルも上がってくると思います。そして、読み手や検索ニーズを意識して、自己満足の日記のようなブログではなく、どこの誰かに何かしらのメリットやちいさな喜びや笑いを提供できるような記事を心がけます。

 

 

実際にメリットや喜び、笑いを提供できていなくても、それを心がけることでライティングのスキルはどんどん上がっていくと思います。

 

 

以前にWEBライティングの仕事依頼をクラウドワークスでやったことがあるのですが、やはりいい記事を書いて下さるライターさんは読者の立場に寄り添った記事を書いてくれます。そういう記事って、最後まで苦も無く熟読できました。

 

 

自己主張が強い自己満足の記事を書いてくるライターさんの記事は、読んでいてもつまらないですし、共感もできないし、次の仕事の依頼はできませんでした。

 

 

ネタ探しがどんなに難しくても、どんな記事であっても、常に読み手を意識することが大切なんだと思います。

 

 

 

以上、毎朝更新でやっているネタ探し5つのコツでした。

 




  お問い合わせ  プライバシーポリシー

営業の転職  看護師転職と看護学校  無料WEBコンサル

ITで転職3回!メダカ皇帝のクチコミ

Copyright (C) 2019 medaka-koutei.work all rights reserved.