ITで転職3回!メダカ皇帝のクチコミ

転職、転職サイト、転職エージェント、IT業界、IT転職、Amazon・通販、ホテル・観光、グルメ、など

スポンサーリンク


読者登録お願いします!

20代で転職を成功させる5つのステップと3つの心得 年収や待遇はいったん置いておく

20代で身につけたスキルがその後の人生を決定づける

 

 

20代は修行の期間と割り切ってしまおう

20代は修行の期間と割り切ってしまおう

 

 

 

20代というのは自分のスキルを磨くためにはとても大切な時期です。学生が終わって、お給料がもらえて、楽しい時間もあることでしょう。職場で知り合った仲間や学生時代の仲間と楽しい時間を過ごしたくなるものです。

 

 

でも、それは時間の浪費に過ぎません。たまにはそんな時間もあっていいのですが、できるだけ20代はスキルアップに費やすようにしたいところです。

 

 

なぜなら20代をどう過ごすかによって、30代以降の自分の年収や職業観がかわっていくからです。楽しいだけの20代を過ごすだけではなく、しっかりと修行もして自分の未来を切り開く努力をしておきましょう。

 

 

転職を成功させるにはきちんとしたステップを踏むことと、大切にすべき心得のようなものがあります。わたしは20代に3回の転職をしてきました。良かったと思う点もあれば、もっとこうしておけば良かったなということもいっぱいあります。

 

 

そんな反省を踏まえて、いま20代の方に向けて参考になるようなことがお伝えできたらと思っています。

 

 

 

 

 

 20代で転職を成功させる5つのステップ

 

 

20代で転職を成功させるには年収や待遇へのこだわりを一旦捨てる

20代で転職を成功させるには年収や待遇へのこだわりを一旦捨てる

 

ステップ1 まずは今いる会社でできるスキルアップに取り組む

 まずは今いる会社でできるスキルアップに真剣に取り組んでみましょう。言われたことをやる、仕事が終わったら帰るというのではなく、もっと難易度の高い仕事は無いか、もっと自分を成長させることができる仕事が無いか、貪欲に自分で探してみたり、上司に直談判してみましょう。

 

 

どんな仕事にもスキルアップに繋がるようなことがたくさんあるはずです。まずは今のいる会社でできるスキルアップをやっておくことが大切です。

 

 

スキルアップするためには、つらいことや失敗を乗り越える必要があります。やらされて与えられた試練を乗り越えるのはつらいものです。でも自分から志願した試練ならやりがいもあるし、たとえ失敗したとしてもそれが確実に自分の血となり肉となります。

 

 

自らスキルアップできる道をあえて選ぶようにしましょう。社会人の平均的な勉強時間は6分と言われているそうです。普通の社会人は勉強や努力が足らないのです。

 

 

20代で一生懸命努力すれば、転職してもしなくても、30代になるころには圧倒的なアドバンテージを築くことができるはずです。

 

 

 

ステップ2 数値ができるような成果を残す

 

今いる会社でスキルアップを目指しつつ、数値化できるような成果を残しましょう。スキルアップは大切ですが、転職をすると考えた場合、自分を売り込むには具体的な成果を数値で示すことが重要です。

 

 

転職時のPRに使いやすいですし、なんらかの数値化した成果があれば、書類選考や面接でも印象を強くすることができます。

 

 

単純に『今まで職場で一生懸命に仕事を頑張ってきました』というよりも、『会社の目標を3期連続で100%達成してきました』とか『社内コンペで1位を取って表彰されて記念品をもらえました。』 とかの方がわかりやすいですし、印象にも残りやすいです。

 

 

人間は数値化されたデータに根拠や具体性を感じるものです。単に頑張ってきたというだけにならないように、数値化できる成果を意識して日頃の業務に取り組みましょう。

 

 

できるだけ具体的で説得力のある詳しいデータをもとにした成果が良いですが、それが難しい場合でもなるべく数値化してみましょう。『同期で1番の成績』というのでも構わないと思います、母数が3人だったとしても。

 

 

ステップ3 自分の将来の方向性を定める

 

スキルアップを意識して働き、数値化できるような成果を出せるような努力をはじめたら、今後の自分の将来の方向性を定めていきましょう。

 

 

転職するとしたら、どんな業界でどんな職種を行いたいのか。年収はどのくらいを目指したいのか、何歳までにどんな夢をかなえたいのか、そのためにはどんな努力をしておくべきなのか、など自分の将来をいろいろと想像してみましょう。

 

 

自分の行きたい方向性が決まらないと、努力するにしても何をどのくらいすれば良いのかがわかりません。自分の将来は自分しか決めることができません。ぜひ前向きで高い理想を目指すようにしましょう。

 

 

近くにあるハイキングコースのある山のてっぺんを目指して努力していれば、その山のてっぺんしか行くことができません。富士山を制覇したいと努力すれば、いつか富士山にチャレンジすることができるでしょう。

 

 

上を向いていないと上に登ることはできません。まだ20代なのですから、いろんな可能性に満ちています。目線を高くして自分の将来を方向性を見定めていきましょう。

 

 

 

 

ステップ4 転職活動をして転職先を決める

 

スキルアップを意識して働き、数値化できる成果を残すようにして、自分の将来の方向性が定まってきたら、自分の夢や理想を実現するための転職先を探してみましょう。

 

 

転職するためには情報収集が大切です。転職サイトを活用したり、転職エージェントで面談をして自分にあった会社を探してみましょう。

 

 

世の中にはたくさんの会社があります。いまよりも自分に合っている会社や、自分の将来をより実現できそうな会社があるものです。視野を広くとって、いろいろな会社の求人にエントリーしてみるのも自分の経験となります。

 

 

転職活動をしていると自分の市場価値や自分がどれほどの実力を身につけてきたのかが嫌でもわかってきます。同じ会社で同じ仕事をしていたのでは、なかなか気づけないようなことに気づくことができます。

 

 

そういった経験がまた転職活動に活かされていきます。書類選考や面接を繰り返すことで自己分析が深まり、自分によりあった会社が見えてきます。きっと良い転職先に巡り合えることでしょう。

 

  

ステップ5 転職先が決まってから退職する(立つ鳥水を濁さず)

 

これはとても大切なことですが、転職先を決めてから退職するようにしましょう。わたしは仕事や職場の環境に耐えきれず、いったん会社を辞めてから転職活動をしたことがありますが、なかなか転職先が決まらないと非常に焦ってしまいました。

 

 

生活費も枯渇してきますので、精神的にも肉体的にも金銭的にも追い詰められ、冷静な転職活動ができなくなりました。

 

 

絶対条件として、転職先を決めてから退職するというのは鉄則です。

 

 

そして幸いにも転職先が決まったら、今の職場はできるだけ円満退社するようにしましょう。いつの日か巡り巡って今の会社や今の会社の仲間と仕事をすることがあるかもしれません。取引先やお客になるかもしれません。

 

 

険悪な状態で退職するようなことが無いように、退職日の決定や業務の引き継ぎについてはできるだけの誠意を示すようにして、円満退社を心がけるようにしましょう。

 

 

万が一、必要以上に引き留めに合ったり、退職の交渉をうやむやにされるようなことがあれば、今は退職代行サービスというものもあります。ブラック企業でやめさせてもらえないという時にも退職代行サービスは有効です。いざという時のために知っておくと良いでしょう。

 

 

転職先を決めてから退職する、そしてできるだけ円満退社を心がけるというのは鉄則としておきましょう。

 

 

 

20代で転職を成功させる3つの心得

 

20代で転職を成功するためには

20代で転職を成功するためには

 

1.年収や待遇にこだわらず、スキルアップできる仕事に取り組む

 

転職する際にはスキルアップできると思える仕事に挑戦しましょう。20代のうちはあまり年収や待遇にこだわらなくてよいと思います。20代だと手取りが多少増えたところでたかが知れています。

 

 

それよりも自分をグンと成長させてもらえるような職場や仕事内容を選ぶと良いでしょう。身につけたスキルと経験が自分を形成していきます。タフで過酷な状況も頑張って乗り越えれば、それが自分に厚みを与えてくれます。

 

 

まだ20代なのに転職時に年収や待遇にこだわりすぎてしまうと、本当にスキルアップできるような環境を見逃してしまうかもしれません。30代、40代になってからでも年収や待遇は上げられます。むしろ、20代でしっかりと努力して経験値を増やしていた方が、あとあとで一気に同世代の平均年収くらいは抜けると思います。

 

損して得を取ることを意識して、20代の転職の際には年収や待遇にあまりこだわらずにどんな仕事ができるのか、どんなチャレンジができるのかを重要視して転職活動をすることが良いでしょう。

 

 

 

2.平日の夜、土日はスキルアップの勉強や自己啓発に励む

 

平日の夜、土日はゆっくり休みたい。遊びに行きたい、飲みに行きたい。これはダメです。わたしはそんな遊んでばかりの20代を過ごしてきました。あとあとで苦労しました。

 

 

社会人になるととたんに勉強もしなくなる、本も読まなくなる。社会人は勉強をしなさすぎです。通勤電車でも本を読んでいても小説だったり、スマホを見ていてもゲームだったり。夜な夜な出かけては飲み歩き、土日は映画に昼寝にショッピング。

 

これでスキルが上がるわけがありません。転職して年収や待遇を上げたいという気持ちがあるのに、なにも努力していませんでした。

 

合コンや週末の遊びばかりを考えているのではなく、しっかりと自分のスキルアップに時間を割きましょう。平日は頑張れば3日くらいは2時間が取れるはず、土日が休みであれば8時間くらいは時間を作れるあるはずです。

 

平日6時間、土日で8時間合計で週14時間。52週あれば728時間もスキルアップに使える計算になります。プログラミングを学ぶとかマーケティングを学ぶとか、営業ノウハウや資格を取得するなど、自分に蓄積されて仕事や生活の糧になるようなスキルアップに時間を使いましょう。

 

それが転職の際のアピールに使えます。アピールできるネタはたくさんある方が良いですし、社会人は日頃勉強していないわけですから、それだけの勉強を日々に行っているだけでも他の転職希望者よりアドバンテージを作れるわけです。

 

 

まじめでひたむきに努力しようとする姿勢こそが、転職時にはとても魅力的に映ります。転職時のPRにも使えて、自分のスキルも上がるわけですから、平日や土日にしかりと時間をとってスキルアップのための勉強や努力をしておきましょう。

 

 

3.生活費を抑え、貯金をしておく。少額投資を勉強しておく。

 

社会人になるとお金に余裕ができたりして、欲しいものを買ってしまったり、旅行に行ってしまったり、飲食にお金を使ってしまったり。これは全然ダメです。

 

わたしはお金が入るたびに使ってしまっていました。貯金もせずに浪費ばかり。いざという時にもお金が足りず、親に迷惑をかけた時もありました。

 

 

一旦生活費を上げてしまうと下げることができなくなります。より贅沢なもの、より豪華なものが欲しくなります。最初は15万で生活したのに、いつのまにか25万でも足りなくなってきます。もっと広い部屋を借りたい、クルマが欲しい等と考えがちですが、20代ではもってのほかです。

 

生活費を上げると本当に下げられなくなります。最低限の生活費で過ごし、できるだけ貯金をしておきましょう。

 

 

貯金したお金はスキルアップや少額の投資に回して、自分の勉強になるようなものに使いましょう。お金の勉強をするには、ある程度のお金が必要です。30代、40代になってお金で失敗しないように、20代でお金の大切さをしっかりと理解しておきましょう。

 

わたしは20代の時、まったく貯金をしていませんでした。これは大きな間違いでした。いまはiDeCoやつみたてNISAのようなものもありますし、ネットバンクの定期預金でも良いと思います。

 

貯金は早いうちからコツコツ積み重ねることで大きくなってきます。30代になってから慌てて貯金をし始めても、なかなか貯まっていきません。

 

 

独身で生活費を抑えられるときがチャンスです。20代でがっつりと貯めて、お金に余裕のある精神状態を作りましょう。お金がある程度あるだけで、心がとても落ち着きます。

 

 

焦って転職先を決める必要もないですから、冷静に良い転職先を見つけることができます。仮にスキルアップのための転職で一時的に年収が下がったとしても、落ち着いて仕事に取り組むことができます。

 

 

貯金ができていないという人は、まずは100万円、できれば300万円くらいを目標にコツコツと貯める努力をしていきましょう。そして貯金のうちの10%までを上限にして投資もやってみましょう。

 

 

20代で少額での投資を始めるのはお金の勉強の為です。儲けようとしてはいけません。貯金の10%くらいなら、それが最悪の場合で無くなってしまって痛みは大きくありません。

 

 

30代や40代になって、投資のことがよくわからずに大切なお金を大きく使ってしまって大損しないために、20代で少額投資で勉強しておきましょう。きっと役に立つと思います。

 

 

わたしは30代で少額投資を始めてみたのですが、とても勉強になりますが損だらけです。ですから投資額の上限は絶対に決めてそれを超えないようにしましょう。投資の勉強はもっと早くやればよかったと思うと同時に、iDeCoやつみたてNISAみたいなものは本当にやるべきだなと思います。

 

 

投資で勉強した知識は仕事でも役立ちますし、転職の際にも良い経験としてアピールのひとつにもなるでしょう。

 

 

 

20代で転職を成功させる5つのステップと3つの心得 まとめ

 

20代は修行期間として割り切って努力しよう

20代は修行期間として割り切って努力しよう

 

20代で転職を成功させるには、年収や待遇にあまりこだわらずに、将来のために時間やお金、努力を積み重ねることを重要視するべきだと思います。

 

しっかりとしたスキルや経験を20代で身につけておけば、30代、40代になったときに、年収や待遇はある程度の条件が期待できるでしょう。

 

 

そのためには、20代は努力の期間と割り切って、平日や休日もスキルアップに使い、余計なお金を使わずに貯金をしておきましょう。貯めたお金の10%を上限に投資もやってみると30代、40代でお金の変な失敗も防げるようになると思います。

 

 

20代で転職を重ねてしっかりとしたスキルを身につければ、30代、40代になっても仕事でもプライベートでも充実した時間が過ごせるようになると思います。年収や待遇も期待できる働き方や成果が望めると思います。

 

 

20代の時にわたしのように甘えた生活をしないで、しっかりと努力することを本当にオススメしたいです。20代で中途半端に遊んでしまうより、30代、40代、それ以降も豊かな生活を送れるように努力しておく方がメリットが大きいからです。

 

 

 





 

 

転職の関連記事

 

 

www.medaka-koutei.work

www.medaka-koutei.work

www.medaka-koutei.work

www.medaka-koutei.work

www.medaka-koutei.work

www.medaka-koutei.work

 

 




  お問い合わせ  プライバシーポリシー

営業の転職  看護師転職と看護学校  無料WEBコンサル

ITで転職3回!メダカ皇帝のクチコミ

Copyright (C) 2019 medaka-koutei.work all rights reserved.