ITで転職3回!メダカ皇帝のクチコミ

転職、転職サイト、転職エージェント、IT業界、IT転職、Amazon・通販、ホテル・観光、グルメ、など

スポンサードリンク


読者登録お願いします!

【転職初心者向け】転職活動がうまくいかない!書類選考を突破するポイント『企業目線で自分をチェックしよう』




【PR】ITに特化した転職エージェントはオープンキャリア(渋谷)
 Amazonギフトコード2000円プレゼント♪渋谷に来社して転職相談しませんか?
 IT業界の転職は今がチャンス!


書類選考を突破しないと転職することはできません!

 

 

自己紹介ではなく、自分を強力にアピールする武器にする

自己紹介ではなく、自分を強力にアピールする武器にする

 

 

 

 

 

書類選考を突破するポイント『企業目線で自分をチェックしよう』

 

転職活動をはじめたけど、なかなか書類選考を突破できない。そんなときがあります。わたしも転職活動をしていた時は、何社にも応募しているのに書類選考で落とされてしまうことが何度もありました。

 

 


採用を考えている企業は書類選考でなにを見ているのでしょうか?今回は、採用する企業目線で書類選考を考えてみたいと思います。わたしは今の会社で採用も担当していますので、採用する側、される側、両方の立場を経験しています。

 

 


書類選考では一般的に『履歴書』と『職務経歴書』が使われます。この2つの書類をいかに作るかによって、書類選考の合否が決まってしまいます。それぞれの大切なポイントをしっかりと押さえておきましょう。

 

 

履歴書で大切なポイント:自分という人物を売り込むツール

 

 

履歴書は自分のプロフィール、職歴、志望理由、長所や特技、希望する年収などを書く欄があります。履歴書は自己紹介する書類ではありません。

 

 


自分という人物を売り込むためのツールです。売り込むためのツールと考えた場合、いまの履歴書はどうでしょうか?自分という人間の単なる紹介になっていないでしょう?自分を強烈にPRして、他の求職者をふるい落とすような魅力があるでしょうか?

 

 

書類選考でまず注意したい点は、履歴書がすかすかにならないこと。空欄や余白だらけの履歴書をよく見かけます。自分という人物を売り込むと考えた場合、履歴書の紙面をびっしりと埋めないともったいないのです。

 


わずか1枚の紙切れに自分を紹介しきれますか?何を書いたらいいかわからない、何をアピールすればいいかわからない、それでは書類選考は突破できません。

 


自分の人生や経験を振り返り、自分とはどういう人物で、どういう経験があって、今後はどうなっていきたいのか。そんな自分を採用してくれた企業にはどんなメリットを与えられるのか、将来はどんな風に活躍していきたいのか。

 


そういった自分の素晴らしい点というものを存分にアピールするのが履歴書なのです。『自分に自信がないから』とか『自分には大した職歴やアピールできることがないから』と言っていても始まりません。

 


そんな中でも何ができ、何を目指し、どうしていきたいのか。これまで自分なりどういう努力をしてきたのか、未来に向かってどんな希望を持っているのか。そういう前向きでエネルギーを感じるような履歴書を作ります。

 


逆の立場、つまり企業の採用側になって考えてみましょう。自分に自信もない、積極的な売り込むもない、うちに来てどうしたいのかわからない、そんな履歴書を見て一度会ってみたいと思えるでしょうか。

 


この人なら一度会って話を聞いてみたいと思わせるような履歴書を作りましょう。自分をしっかり振り返り、『自己紹介』ではなく『自分を売り込む』履歴書にしていきましょう。何度も何度も作っては直し作っては直しを繰り返すことで、履歴書はだんだん良くなっていきます。

 


『これでいいっか・・・』という程度の履歴書では書類選考は突破できません。

 

 

 

 

職務経歴書で大切なポイント:自分のスキルを売り込むツール

 


職務経歴書は、いままでどんなことをどのようにやってきたのかを詳しく書く書類です。こちらも同じく自己紹介ではいけません。

 


職務経歴を紹介する紙ではありません。自分は何ができて、いままでにどんな努力して、どんな活躍をしてきたのか、それが新しい職場でどう活かされて、将来はどういう自分を目指していきたいのか。そんな自分のスキルを強烈に売り込む武器なのです。

 

 


できるだけ詳しく書くのはもちろん、随所に自己PRを入れていきましょう。何度も何度も作り直し、見直し、より良い職務経歴書を目指して、妥協のない完璧さを追求しましょう。

 

 

採用する側に立って考えてみましょう。単なる職務経歴書、つまり何をやってきたかの紹介をしているだけで、具体的に何をしていたのか、それでどんなスキルが身についたのか、将来どうしていきたいのか、そういう大切な点が書かれていない職務経歴書を送られても、『一度会って話を聞いてみたい』とはならないでしょう。

 

 


職務経歴書は書類選考での最大の武器です。履歴書は書ける文字量に限界があります。でも職務経歴書は何枚になっても構わないのです。存分に自己PRができるスペースがあります。

 

 

 

抽象的であっさりとした職務経歴書ではいけません。できるだけわかりやすく、できるだけ具体的に、書類を読む人の頭に自分の経歴がイメージとして湧き上がるかのように伝える必要があります。

 

 

転職では同時に何人もの人が応募していることがあります。少なくともそのライバルたちの書類よりも魅力的な内容でないといけません。自分のことや自分の経歴はうそがかけません。誰もが目を見張るようなハイスペックな自分や輝かしい経歴を持っている人ばかりではないでしょう。

 


だからこそ、その自分をより魅力的に見せる『努力と工夫』をしないといけません。うそや偽りではなく、自分をしっかりと売り込まないといけません。そのために職務経歴書があります。

 

 

まとめ 履歴書と職務経歴書は何度でも作りなおす、何度でもバージョンアップする。

 

 

書類選考で送る履歴書や職務経歴書は一度作ったら、それを少し変えて使いまわしするのではいけないと思います。毎回、応募する企業に向けて、その企業ごとにより良い改善を施した履歴書や職務経歴書を送ることも大切だと思います。

 

 


どこでも通用しそうな汎用的な書類と明らかにうちの会社のために作られた書類、どちらを読みたいと思うでしょうか。書類選考に突破できるかどうかは、年齢、スキル、経験などさまざまな要素が複雑にからんで判定されます。

 

 


年齢やスキル、経験などは都合の良いように工夫や変更ができません。でもそれをどのように記載して、どのようにPRするかは工夫の余地がたくさんあります。

 


自己紹介の書類ではなく、採用する人の立場に立って、自分をより魅力的に売り込める履歴書と職務経歴書が作れるよう、書類を常にバージョンアップするつもりで工夫と改善を繰り返しましょう。

 

【転職初心者向け】転職活動がうまくいかない!書類選考を突破するポイント『企業目線で自分をチェックしよう』というお話でした。

 




このブログについて  お問い合わせ  プライバシーポリシー   営業ノウハウ


転職3回!子育てメダカ皇帝のクチコミ

Copyright (C) 2019 medaka-koutei.work all rights reserved.