ITで転職3回!メダカ皇帝のクチコミ

転職、転職サイト、転職エージェント、IT業界、IT転職、Amazon・通販、ホテル・観光、グルメ、など

スポンサーリンク

IT企業に転職するなら、大手上場企業?ベンチャー?どっちがいいの?



良かったときはポチッとしてください!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへにほんブログ村 グルメブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

IT企業に転職するならどっち?大手?ベンチャー?

 

 

 

あくまでもわたしならばの話ですがベンチャー選びますね

あくまでもわたしならばの話ですがベンチャー選びますね

 

 


わたしなら迷わずベンチャーを選びます。

 

 

IT企業に限らず大手上場企業は選ばないと思います。もちろん大手上場企業の方が収入面や待遇面は、採用されたらとても良いものかもしれません。

 

 

でも、わたしが転職で重視するポイントは、会社の現状ではなく会社の将来性。会社の将来性を重視したいため、今現在で大きく安定している大手上場企業より、会社や業績が拡大する可能性が高いベンチャーを希望します。

 

 


特にITのベンチャーは現状は不安定ながらも、将来性があって大きく伸びる可能性がある企業もたくさんありますので、そうした伸びる可能性のある企業で働いてみることをオススメしたいです。

 

 

 

ITベンチャーで働くメリット

 

 

仕事の幅やスキルが広がる、いろいろと経験できる


ITベンチャーは任させる仕事の幅が大きく、いろんなことが体験できます。そこで体験した仕事は自分のスキルとなり、次の仕事へと生かされていきます。

 


決まった仕事分担をしていく大手企業と違い、仕事の原動力になっている実感が大きく、変化も激しいため、実戦的なスキルが身につくのが魅力です。

 


わたしもITベンチャーにいることで、営業だけでなくWEBマーケティングやSEO、法務や人事といった幅広い仕事に携わることができました。それが自分のスキルとなって血となり肉となり、自分の経験値を大きく引き上げてくれていると感じます。

 

 

 

裁量の幅が大きく、ビジネスの一部ではなく全体像を把握しやすい


あるプロジェクトの一部のうちのこの部分、そういった細分化された仕事ではなく、小さいながらもプロジェクト全体が見えるような仕事ができるのがITベンチャーのメリットです。

 

 


大きなシステムのほんの一部の開発やマネジメントをしているのでは、その会社でしかできない仕事に特化してしまうスキルになりがちです。つぶしの効く仕事ができていません。大手上場企業では、そのような組織の一部として動かないといけません。

 

 


でもITベンチャーなら裁量の幅が大きく、自分が原動力のひとつとして働いていると実感できます。ITベンチャーで活躍の幅が広がれば、大きなプロジェクトの責任者を任されることも十分にあり得ます。そこで培われたスキルや経験は自分の大きな武器となっていきます。

 

 


挑戦する体質に頭と体を慣らすことができる


ITベンチャーにいれば、いろんな仕事に挑戦できます。新しいこと、わからないこと、誰もやったことがないこと、そういった仕事が多かったりします。

 

 

こうした挑戦を繰り返す環境にいることで、挑戦することが当たり前になっていきます。同じことの繰り返しが逆に窮屈になってきます。頭も体も挑戦することに慣れていきます。

 

 


本質的ではない理由とか目標に疑問を持てるようになり、妥当性や効率を重視した仕事ができるようになっていきます。

 

 


実力で評価や収入をあげることができる

 

 

ITベンチャーでは実力が試されます。ですから、仕事は忙しいですし、頭も体もフル回転しないと波に乗れずに終わってしまいます。

 

 

ですから、ITベンチャーに行く以上は、全力で職務に励む必要があります。そして、そこで成果を出せれば、評価や収入を上げていくこともできるでしょう。

 

 


ITベンチャーは経営がきちんとしていれば、利益率が高いので社員への還元も大きくなります。会社自体が赤字であっても積極的な先行投資をしている場合もあり、事業自体は利益率が高い場合もあります。

 

 


そうした会社の状況は、財務状況を公表していたり、決算内容を開示している場合があります。そうした会社の状態をチェックしてみましょう。

 

 


きちんとした収益を上げられるITベンチャーであれば、実力を発揮して評価を上げ、結果的に年収を上げていくことができます。

 

 

大手上場企業では定年まで働いても課長で終わってしまうかもしれませんが、ITベンチャーで活躍できれば部長や役員にもなれるかもしれません。

 


ITベンチャーであれば、自分のスキルや経験もしっかりと身について、会社の業績アップに貢献できれば、年収や待遇もアップしやすいです。

 

 

 

大手で巨大なプロジェクトを担当するのも良いですが、これからの時代を考えるとITベンチャーでプロジェクトの主力メンバーになれるような実力を身につけることをオススメしたいです。

 

 

 

IT業界での転職を目指すなら転職エージェントがオススメ 

 

 

IT業界で転職するなら、自分のスキルや経験をしっかりとアピールして、働きやすく業績が伸びる可能性があって実力を発揮できる環境を求めたいものです。

 

 

IT業界に強い転職エージェントを使うことによって、自分のスキルや希望にあった求人を紹介してくれます。転職エージェントのコンサルタントと面談をすることで、新しい自分の可能性が見つかるかもしれません。

 

転職エージェントは登録も利用も無料。IT業界の転職を考えているなら、転職エージェントを利用して、より有利な転職が進められるようにしていきましょう。

 

 

【転職会議エージェント】IT・WEB業界に強い転職エージェントサービス

 

 

エンジニア転職なら【Tech Stars Agent】

 

 

 

エンジニアの新しい働き方を応援する「MIDWORKS」新規会員登録

 

 

 

 

 

IT企業に転職するなら、大手上場企業?ベンチャー?どっちがいいの?わたしだったら、ITベンチャーを選びますというお話でした。大切なのはどこで働くかより、どんなスキルを身につけて自分が成長できるか?ということです。

 

 

自分が成長できるなら、逆にどんな環境でも構わないと思いますが、組織の歯車の中で活躍する人材になってしまうよりは、ちいさくても良いのでプロジェクトの原動力になれる人材を目指したいところです。

 

 

 

 

関連記事

 

 

www.medaka-koutei.work

www.medaka-koutei.work

www.medaka-koutei.work

www.medaka-koutei.work

www.medaka-koutei.work

www.medaka-koutei.work

www.medaka-koutei.work

www.medaka-koutei.work

www.medaka-koutei.work

www.medaka-koutei.work

www.medaka-koutei.work

 

 




  お問い合わせ  プライバシーポリシー

営業の転職  看護師転職と看護学校  無料WEBコンサル

ITで転職3回!メダカ皇帝のクチコミ

Copyright (C) 2019 medaka-koutei.work all rights reserved.