ITで転職3回!メダカ皇帝のクチコミ

転職、転職サイト、転職エージェント、IT業界、IT転職、Amazon・通販、ホテル・観光、グルメ、など

スポンサーリンク

【英会話】外国人といてもまったくしゃべれない(しゃべる勇気がない) わたしの『英語力』が机上の空論だった件(;´∀`)



良かったときはポチッとしてください!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへにほんブログ村 グルメブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

英語はリーディング、ライティングよりヒアリングとなによりスピーキングが重要なんだな

 

 

英語を上達するには話すことが大切だと痛感したお話し

英語を上達するには話すことが大切だと痛感したお話し

 

幸いなことに最近は外国人と知り合いになることがあり、先日一緒にお出かけしました。彼はうちの子どもの英語を教えてくれています。そしてその奥さん。そしてほかにも家族がいて総勢11名で遊びに行きました。

 

 

わたしは英語はまったくの苦手ではありますが、一応下記のような英語歴???はあるんですよ。

 

私の英語歴のご紹介

 

中学:3年間

高校:3年間

浪人:1年間

大学:4年間

合計:11年間

 

 

なんと英語歴は11年間。これはすごい期待できるスキルだと思いません?しかも大学受験では散々、もう散々というくらい文法やら構文やら長文読解やら筆記試験やらをやってきました。

 

 

英語はもっとも苦手な科目の一つではありあすが、それでも人並み以上には勉強をしたつもりです。

 

 

さて、アメリカから来たその英語教室の先生夫婦。他にもパパママ、子どもたちがいましたので、マンツーマンではなかったですが、話しかける機会はいくらでもあったと思います。

 

 

遠い昔とはいえ、11年間も勉強してきたのです。ついにわたしの『英語力』が解放され、試される時が来たのです。

 

 

結果は惨敗。

 

ほぼなにも話すことができませんでした。話せないというより話す勇気が出ませんでした。ハローとか、サンキューとか、バーイくらいは言えてたかもしれませんが。。。_| ̄|○

 

 

シャイなのか、人見知りなのか、恐怖心なのか。あの11年間はなんだったのか。島国根性むき出しでまったく何もできませんでした。

 

 

いちおう、それなりにヒアリングはできました。彼らは子どもたちの英語を教えてくれているので、なぜ日本人が英語を話せるようにならないのかを力説してくれました。

 

 

外国人の彼らによると日本人が英語を話せない理由はこうです。

 

語学は聞くこと、そして話してみることが大切だ。日本人は話してみて、聞き返されたり、通じなかったりすることを恐れてしまう。

 

そもそも会話は完全に通じるものでもない。失敗しながらそれを恐れずに繰り返すことで上達するのだ。子どもにはその恐怖心がない。だから失敗しても気にしないし、何度もチャレンジするから上達が早い。

 

日本人の大人は会話して通じないことや相手の反応を恐れている。

 

スポーツでもなんでもそうだ。練習して失敗して繰り返さないことには上達しない。英語を話すコツは怖がらずとにかくチャレンジ、つまり話してみることなんだ。

 

 

彼の話を聞いてわかった。わたしの『英語力』はまさに机上の空論だった。そういえば11年間、それ以降においても外国人と会話をしたことがない。英語を必死で使ったことがない。なんどか海外旅行に行ったときに身振り手振りでやりとりしたくらいか。

 

 

つまりわたしは机上の空論しか知らない。野球に例えれば、ルールブックの勉強は散々やった。野球で勝つための戦略も学んだ。でも試合はおろか、キャッチボールすらたいしてやったことがない。

 

 

普通、もし野球をやりたいと思ったらどうするだろうか。下手でもいいからキャッチボールをして、当たらなくてもいいからバットを振って、ルールなんて知らなくてもとりあえず代打とか補欠とかで試合に出させてもらうだろう。

 

 

野球の楽しさを知ることや野球をやってみる体験が大切なのであって、だから上達していく。大切なのはルールや理論ではない。やってみて、体感して、失敗して、上達して、楽しさがわかっていくことだ。

 

 

まあ、当たり前ですよね。当たり前なのですが、そんなの知っているというのと痛感するというのは全然違う。今回、英語を勉強するために大切なことを痛感しました。

 

 

英語のコツはとにかく話すこと、インプットよりアウトプット

 

英語の勉強といえば、リーディング、そしてライティング。この2つに大幅な時間をとって勉強したと思います。でも、いま思えばですが、ほぼ無駄だったなと。仮にそれで難関大学に受かる『英語力』がついたとして外国人とは話せない。

 

 

難関大学に受かる『英語力』がなくても、ヒアリング、そしてスピーキングを空振りで連発でもエラーが多発でも、実践的に学んでいれば、片言でも外国人と話ができる。

 

 

大切なのは読解力ではなく、話すこと。アウトプットしてみることだ。

 

 

ファールでもアウトでもいいからバットを振ることなんだと痛感した。

 

 

身近に外国人がいれば上達も早いでしょう。でもなかなかそうもいかない環境の問題もある。だから、英会話教室やオンライン英会話で話してみることに挑戦したい。

 

 

さっそくうちのママは英会話のアプリを使って勉強している。彼女はいわゆる受験勉強の『英語力』はない。でも、そもそも話すのが好きで、人と対峙してもたじろがない鋼の心がある。

 

わたしにはそれがないw

 

 

わたしも本当の『英語力』を身につけたいと思った一日でした。

 

 

 うちのママがやっている英会話のアプリはこれです。

 

 とにかく声に出して英語を話してみる。それが大切ですよ!

 

 スタディサプリENGLISH(日常英会話コース)

 

 

 

 




  お問い合わせ  プライバシーポリシー

営業の転職  看護師転職と看護学校  無料WEBコンサル

ITで転職3回!メダカ皇帝のクチコミ

Copyright (C) 2019 medaka-koutei.work all rights reserved.