メダカ皇帝の日記

メダカ皇帝です。旅行、ホテル、グルメ、ラーメン、ドローン、メダカ、釣り、おでかけ、子育てなど

スポンサードリンク

子どもが作った節分の鬼のお面が地味に恐すぎる件

節分で手作りした鬼のお面で脅される日々についてw


子どもが保育園などで手作りしたものってなんだか癒されますよね。細かい点を不器用ながらにも再現していたり、自分なりの世界観でこだわりを感じたりできます。

 

ですが、今年の節分で我が家のプリンセス妃殿下が作った鬼のお面が地味に恐怖を感じるクオリティでして、しかもパパが帰ってくるとそのお面をかぶって玄関をあけた私を脅そうとするのです。今日は驚かされそうだとわかっていても、やられる日とやられない日が気まぐれのランダムなので、毎回地味にビビってしまいます。




そして、こちらがプリンセス妃殿下(6歳)が頑張って作った鬼のお面です。

 

節分の鬼のお面が怖すぎる件

節分の鬼のお面が怖すぎる件

まずこの顔の大きさ、そして奇抜な黄色、紫色のもじゃもじゃした毛。迫力もさることながら、派手好きなプリンセス妃殿下ならではの歌舞伎っぷり。しかもよく見てほしいのは、ネックレスのチェーンがなぜか目からぶらさがっていて、これがさらに恐怖をかさ増ししていますw

まるでジェイソンのような恐怖感をかもしだすお面

まるでジェイソンのような恐怖感をかもしだすお面


ジェイソン的な要素が加わり、これで玄関をあけるやいなや、わっ!と脅されるのはマジビビります。そんなわけで、今日も家に帰ったらまた驚かされるのをビビりながらドアを開けたいと思います!

 

 

暦箱 節分

暦箱 節分












このブログについて  お問い合わせ  プライバシーポリシー   看護師転職   営業ノウハウ


メダカ皇帝の日記 ~旅行、ホテル、グルメ、ラーメン、ドローン、メダカ、釣り、おでかけ、子育てなど~

Copyright (C) 2019 medaka-koutei.work all rights reserved.