年収を上げたいなら副業にコミット【収入とスキルを同時アップ】

年収を上げたいなら 副業にコミット
副業は本業との相乗効果が大切!
メダカ皇帝
こんにちは!メダカ皇帝( @medakakoutei )です!ブログの毎日更新を400日達成しました。読者のみなさまへ有益な情報提供を心がけていますヽ(=´▽`=)ノ

年収を上げるのは大変な世の中になってきました。男性の平均年収は、ここのところずっと横ばい傾向なのです。

20年前と今を比べても、男性の給与は増えてない!では女性は?

順調に昇給できていますか?

年収を上げたいなら副業にコミット【収入とスキルを同時アップ】

先ほどのグラフは平均値の推移なので、あくまでも参考程度にしかなりませんが、年々と右肩上がりというわけではないのも事実でしょう。

業種や業界、個人の能力にもよりますので、一概に本業の年収が上がりにくいとは言えません。

ただ、本業の年収には上限があり、どんなに会社で頑張っても成果を伸ばしても、それに応じて給料も青天井に上がっていくということはほぼありません。

多くの企業では給与規定があり、その範囲内で昇給やボーナスの支給がなされるからです。

だから、自分の力で年収を上げたい!と本気で思うなら思うほど、本業にコミットするよりもお副業や起業を考えたほうが良いのです。

サラリーマンは安定しているから・・・と言われることもありますが、企業の事業継続が難しくなれば当然のことながら雇用は打ち切られます。

その時になってから、転職活動や副業をやろうとしても、市場価値のあるスキルや経験が乏しいため、転職がうまくいくことは難しいです。まして、年齢を重ねていればいるほど転職は不利です。

副業でしっかりと収入を得られる仕組みを作っておくことをオススメしたいです。

本業で年収を上げるより副業で年収を上げた方が良い理由

年収を上げたいなら副業にコミット【収入とスキルを同時アップ】

本業の定期昇給っていくらですか?多くの人は数千円だと思います。会社の業績によっては昇給なしなんてことも聞きます。

また、コロナの影響で今年の冬のボーナスが減額または不支給の可能性がある企業も多く出ることでしょう。

本業で年収を上げるどころか、状況によっては年収が下がってしまう人もいるのです。

家やクルマ、学費などでローンを組んでいる人も多くいます。ボーナス払いをあてにしていたのにボーナスが出なかったらどうするんでしょうか。。。

給与とは別の収入源を確保しておけば、多少の波風でも乗り越えられます。

しかも、副業の収入があれば会社の業績とは別ですから安定した家計運営ができるかもしれません。

副業で仮に毎月1万円が稼げたら、会社の昇給額よりも多くなります。しかも、自分が頑張っていれば、まだまだ上げられるかもしれません。

本業で年収を上げるのは本当に大変です。年収が上がっても責任も増して、時間や労力をいままで以上に注ぎ込まないといけません。

本業で年収を上げるのはコスパが良くないのです。

副業を頑張った方が合理的

年収を上げたいなら副業にコミット【収入とスキルを同時アップ】

副業を頑張ったほうが合理的だと思います。副業で頑張った収入は自分にそのまま入ってきます。経費や仕入れがあったとしても、頑張れば自分に入ってくるお金は増えていくことでしょう。

でも、本業で頑張っても、それに比例して収入が増えるということは残念ながらありません。

会社や事業の業績とともに自分の給与もどんどん上がっていくということないのです。

会社の業績が伸びれば、もっと人材が必要になるため人件費に費用が回されます。

建物や設備も必要になるため、設備投資に回されます。

会社も貯金がしたいので内部留保に回されます。

自分の給与やボーナスは給与規定に記載のとおりです。急激にアップすることはありません。

超法規的な年収アップがあったとしても、中小企業であれば年収1000万~1200万くらいが限界だと思います。

年収1000万あったら生活も楽になるから、それで十分だよって思いがちですがそんなこともありません。

実際の手取り額は740万円くらいです。生活費を抑えないと、貯金もできないし、ローンだって怖くて組めません。

だって、本業の収入なんていつ無くなってしまうかわからないんですから。

副業なら自分で工夫して伸ばせます。伸びた収入は自分のものにできます。

副業の収入の伸ばしたほうがコスパが良くて合理的なのです。

副業は本業との相乗効果を

年収を上げたいなら副業にコミット【収入とスキルを同時アップ】

副業をやるなら、本業と相乗効果があるものをしましょう。副業と本業がまったく関係ないものだと、相乗効果が得られないので本当にもったいないです。時間も取られます。効率よくないです。

本業が飲食業であれば、副業も飲食に何かしら関係のあることが良いでしょう。

わたしの場合は本業がITやポータルサイト運営です。ブログで得た知識や経験が本業でも生かされます。

自分がもっと専門的な職業だったら、たとえば人材サービスの営業マンだったら人材関連のブログ記事を書くでしょう。経理や財務が仕事だったら、その専門的な知識をブログに書くと思います。

そんな感じで本業と副業が重なるようなことをすると、

✔本業で頑張った成果が副業で生かされる

✔副業で培ったスキルや経験が本業で生かされる

という相乗効果が生まれて、副業だけでなく本業も楽しさややりがいがアップしていくのです。

結果的に副業のおかげで本業の年収もあがるかも

年収を上げたいなら副業にコミット【収入とスキルを同時アップ】

そんな感じで副業を頑張りつつ、本業もやっていくと結果的に本業の年収も上がっていくかもしれません。

本業について会社の周りの人はどれだけ勉強や努力をしているでしょうか。夜は飲みに行ったり、土日は遊びに行っている人が多いのではないでしょうか?

副業をやっていると、本業以外の時間を有効活用しないといけません。

副業の成果を上げようとすれば、スキルやノウハウの勉強をしたり、いろんな失敗や経験を積み重ねることになります。

そんな地道な努力を周りの人たちはどれだけできているでしょうか?

副業にコミットすることで、自分のスキルやノウハウが向上し、いろいろな経験から視野が広がっていきます。挑戦することが怖くなくなり、努力することが当たり前になっていきます。

副業の収入が少しでも増えてくれば、やる気が出てますます頑張るようになります。

副業をそこまで頑張っているようになると、本業にも相乗効果として良い傾向が現れ始めます。

会議でアイディアが出せるようになったり、対人関係がスムーズになったり、いままでできなかったことができるようになっていたり。

副業を一生懸命頑張ることで、結果的に本業でも成果が伸ばせるようになっていきます。本業での評価に繋がり、周囲の信頼を集めるようになり、最終的には本業の収入も上がっていくかもしれません。

少なくとも会社の周りの人たちよりも多くの努力をしているわけですから、本業での評価にも反映されていくことでしょう。

副業の収入も増えて、本業での収入も増えたら、本当に嬉しいですよね。

でも、現実的にはこれが可能です。本業だけにコミットしていたら無理です。

大切なのは本業と相乗効果があるような副業にコミットすることです。

まとめ 年収を上げたいなら副業を【収入とスキルを同時にアップ】

年収を上げたいなら副業にコミット【収入とスキルを同時アップ】

年収を上げたいなら、副業を頑張ることをオススメしたいです。

本業は普通にやっていても

年収は横ばいでなかなか昇給しません。昇給したとしても数千円。

副業なら毎月1万円以上稼ぐことも可能です。

わたしはブログの副業で10万円以上稼いだ実績があります。昇給するかどうかわからない本業にコミットするよりも確実だし、昇給額も自分の頑張り次第で大きく伸ばせます。

副業は本業と相乗効果のあることをやれば、本業のやりがいや成果も伸ばせます。

結果的に本業の収入も伸びるかもしれません。

副業と合わせたら、かなりの年収アップになるかも?!

単に本業にコミットするよりも副業にコミットしたほうがコスパも良いですし、自分のスキルや経験も増えて自力で稼げる人材になります。本業の収入ダウンのリスクヘッジにもなり、仮に転職をしようとした場合でも副業で培ったノウハウを存分に活かせることでしょう。

最悪の結果として副業で稼げなかったことしても、副業を頑張ったノウハウや経験は本業で活かすことができます。

副業にコミットすることは、どっちに転んでもデメリットがありません。

デメリットがあるとすれば副業は忙しいし、時間に追われることでしょうか。

でも、年収を上げようと本業で努力するなら同じことですよね。副業の方がリスクヘッジになって、自分の収入も増やせます。

副業で年収を上げようとすることに、デメリットはほぼ無いと言えるのではないでしょうか。

ちなみに副業でブログを頑張ってみたいという方には、こちらの記事がオススメです。

さらに詳しく

 

以上、年収を上げたいなら副業にコミット【収入とスキルを同時アップ】でした!



最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました(/・ω・)/




よろしければ以下のコメント欄に感想などお寄せくださいm(__)m
今後のブログ運営の参考にさせていただきます!






-ブログ、SEO、稼ぐ、アフィリエイト

Copyright© メダカ皇帝のブログ【毎日更新中】 , 2020 All Rights Reserved.